学生リーダーになる

保育士・幼稚園・小学校教諭を目指している学生へ

毎週土曜に子どもたちと関わり、成長を見守っていきます。
4回生まで子どもたちと毎週関わっていると、子どもたちの成長に感動するでしょう。
そして、あなた自身も自然と成長しています。

プレーパーク赤とんぼの卒業生には先生の道に進んだ人が多くいます。この場所で子どもたちと一緒に遊びませんか?

挑戦しなきゃ冒険じゃない!
さあ、プレーパークしよう

プレーパークはほぼ毎週土曜、年間40回以上開催しており、子どもたちの外遊びを支援しています。
参加する子どもたちの年齢層は3歳児から小学校6年生までと、幅広い年代の子どもたちが来ています。
姫路市から上郡まで、様々な地域の子どもたちが自然の中で遊ぶ場所として訪れてくれます。

活動を知る

  • 毎週土曜の活動
  • 大学生企画のイベント
  • 広報チラシの制作

毎週土曜の活動

毎週土曜に、たつの市の水辺プラザで開催しています。
11時には事務所に集合し、13〜16時現地で子どもたちと一緒に遊びます。
17時の夕焼け頃、現地を後にします。

大学生企画のイベント

季節に合わせて、大学生企画のイベントも行っています。「巨大落書き大会」や「クリスマスキャンドル」など、学生たち主体で子どもたちに向けたイベントを行うことができます。詳細はイベント報告を御覧ください。

広報チラシの制作

プレーパークの活動日を知らせるチラシの制作です。
広報チラシは西播磨の教育委員会を通じて、西播磨全域の小学校・幼稚園・保育園に届きます。

リーダーからの一言を載せたり、趣向をこらして作成していきます。
活動日に来た子どもから「チラシみたよー」という声も上がるくらい大切なコミュニケーションツールになっています。

先輩を知る

  • 保育士 ようちゃん
  • 保育士 ともかちゃん
  • 小学校職員 そがっち
  • 消防士 わかちゃん

保育士ようちゃん

高校生のころから毎週土曜参加してきて、今姫路で保育士として働いています。
プレパは生活の一部になっていて、リーダー同士で遊びに行ったり、最高の仲間、自分の居場所になっています。

保育士 ともかちゃん

一番印象に残っていることに、坂滑りで“段ボールのまん中をすべってね”と声をかけても、小さい子たちがわからずに端っこをすべっていることがありました。そんな時、独りの女の子がマジックを持ってきてくれて、真ん中の所に線を引っ張ってくれました。目印がついたおかげて子ども達も安全に遊ぶことができました。“こうすればいい!”と、ひらめいてくれた女の子の発想、素晴らしかったです。

小学校職員 そがっち

大学時代、プレーパークでの経験が小学校の先生を目指すきっかけになりました。
プレーパークは、尊敬できる先輩と出会うことができましたし、可愛い後輩たちにも恵まれました。
本当に自分の糧になった活動だと思っています。

消防士 わかちゃん

子どもとふれ合い、同世代のリーダーとふれ合い、スタッフの方々とのふれ合いの中で、コミュニケーション能力もあがったと思います。
普段の生活の中ではプレパでの経験は絶対の得る事ができません。自分自身が今まで続けてきて本当に良かったと思うのでプレパはそういったところです。

見学/参加する

見学/参加する

気軽に連絡をしてください。みなさまの参加お待ちしてます。

見学/参加する